ビーチランって?

ビーチラン競技の始まりは、海の猛者、ライフセイバー達の2kmビーチランです。

 

彼ら、彼女らは、500mを往復し、身体をぶつけ合い競います。

目的は、「救助の際、いかに砂に足を取られずに短時間で人命を助けられるか」です。まさに生命の競技です。

それを一般化したのが、ビーチランのフルマラソンと言われる10kmランです。

中距離と言え、ロングのワイルドさがあるのが特徴です。

絶景のパノラマ そして自由なウェアー

さえぎるものが一切ない絶景のパノラマ。

どこまでも遠くを見渡せる海岸を、思いっきり走れるのがビーチランのだいご味です。

さらにビーチのランウェアー(洋服)は、誰もが自由です。

最高の景色で、自分だけのリラクゼーションを手に入れましょう。

1.5倍の負荷 でワイルドに走る

柔らかくパワーを吸収するビーチは、効率よく短距離 で全身を鍛え、さらにバランス感覚を育てます。

そして、砂の柔らかさが関節と腰への負荷を軽減するという特別な running です。

マイナスイオンと 1/f ゆらぎ で癒される

水粒子の摩擦により生じるマイナスイオンと、波の音が奏でるエフ分の1のゆらぎが、心身を癒してくれます。

「ワイルドでも、笑顔がこぼれる!」

この不思議な…runをぜひ体験してください。

ビーチランの走り方

走りのケアと安全が肝心!  7つのリスクファクターを回避せよ

ビーチランは自然が相手の競技です。ときには自然の力に驚くことがあります。

万全の態勢で海を頼みましょう。

Factor 1.コースは変化する。

→ ロケーションは日々変化する 昨日の道が、今日走れないこともある

Factor 2.海を楽しむ人にゆずる

→ サーファー、釣り人、地引網、 船、一般通行人などに道をゆずる

Factor 3.熱中症を恐れる

→ 気温や湿気が 高く、風 が無いときは要注意。 こまめな給水、無理をしない姿勢が大切です

熱中症予防の 5 か条

  • 暑いとき、無理な運動は事故のもと

  • 急な暑さに要注意

  • 失われる水と塩分を取り戻そう

  • 薄着スタイルでさわやかに

  • 体調不調は事故のもと   by.日本体育協会

Factor 4.寒さを避ける

→ 風が強い時、体感温度は5度下がります。

Factor 5.大きな波から逃げる

→定期的に大波がくることがあります。また、地震時の避難路を確認しておきましょう。

Factor 6.砂の高台を避ける

→ 足場の悪い高台での休憩や、 走行を避ける。※ 砂地はいつ崩れてもおかしくありません

Factor 7.海の深みにはまらない

→渚は急に深くなっているところがあります。小さな川でも河口付近は思わぬ深さになり、 危険です。無理をしないようにしましょう。

ビーチラングッズ

  • 高性能のシューズは不要

砂の弾力でシューズの性能が消されます。また汚れも付きやすいので、使い慣れたシューズでOK です

  • ビーチ専用シューズを用意

メッシュからシューズに砂が入りこみます。細かい直ぐには取れにくく、ビーチランナーなら専用 シューズを持った方が楽です

湘南ビーチラン
週末冒険会
RUNNET
新潟ビーチラン
Facebook